夏の魔物10周年記念対談 第2回 曽我部恵一×成田大致(With大内雷電)

今年10周年を迎える「AOMORI ROCK FESTIVAL ~夏の魔物~」の開催を記念して、主催者・成田大致(With 大内雷電)がリスペクトしてやまない人たちに会いに行く「夏の魔物10周年記念対談シリーズ」。今回は過去10回開催中9回出演、昨年はサニーデイ・サービスとして待望の初出演を果たした“ミスター夏の魔物”こと曽我部恵一が登場。1年前の対談では自らセットリストを直訴、当日のライヴで感涙しながらサニーデイのライヴを見つめていた成田。今回の対談は、2ndシングル「東京妄想フォーエバーヤング」を作曲、さらに1stアルバムへのライナーノーツを執筆するなど、ますます濃くなっている曽我部恵一と『夏の魔物』との関係の原点が伺い知れるものとなった。そして、10周年記念大会ののトリを務めることとなった曽我部に今年も成田からリクエストが!?

※フェスは「夏の魔物」ユニットは『夏の魔物』と表記しています。

取材・文:岡本貴之

―『夏の魔物』は昨年、曽我部さんの誕生日である8月26日にメジャー・デビューしてちょうど1年経ちました。

曽我部:そうそう。今回のアルバムのライナーを書くときにデビュー・シングルがいつ出たんだっけって調べたら、僕の誕生日だったんですよ。でもまだ1年なんだ?
成田:1年、あっという間でした。でも最近思うことは1年経ったけど、これをこの先も続けて行きたいということですね。フェスも11回やってきて今年10周年を迎えることができて、ユニットも1stアルバムを作れて。ここが区切りということではなくて、続けて行けるように日々頑張りたいと思うようになりました。

―2ndシングルの「東京妄想フォーエバーヤング」は曽我部さんが作曲していますが、これはどんな経緯で実現したんですか?

成田:去年の「夏の魔物」の直後に、曽我部さんが初恋の嵐のゲスト・ボーカルで歌うときにご挨拶に行ってお願いしたんです。
曽我部:「こういう感じのこういうテンポの曲で」っていうのを細かく言われたんですよ。僕の曲で言ったらこの曲のこういう感じ、ということを伝えてもらって、そのイメージに忠実に作った感じでした。成田君が何を欲しがっているのかはなんとなくわかるし、『夏の魔物』の現状とか、「なんとなくこうなんだろうな、こういうことを求めていてこういうことをやりたいんだろうな」っていうことがなんとなく伝わるから。(成田に向かって)ずっと、フェスをやる前から見てるじゃん、お互いに?
成田:そうですね、気づいたらもう10年以上の付き合いになるなんて信じられないです。
曽我部:だから、わりと近いんですよ。親友とかではないかもしれないけど、ずっとお互い見てるから。「ここはこうだろう」みたいなものが僕にもあって。それであの曲が出来たっていう感じです。出来上がった曲を聴いてもああいうアレンジで、MVも「やっぱりこうだよね」っていうものはありましたね。

―それは成田さんがずっと曽我部さんの音楽を聴いてきたからこそ伝わっているものが大きいですよね。

曽我部:それもあるし、僕も見てるところもあるから、前のバンドのときとか。色んなタイミングでときどき一緒になってやることもあったから。「今はこうでしょ?」「だよね」という感じで作ったというのはあるんですよ。

―2006年にフェスが始まる前から交流があるんですもんね。

曽我部:そうそう、まだ「夏の魔物」を始める前からだもんね。
成田:高校時代、THE WAYBARKをやっていたときに、バンドのみんなでお金を貯めて作った自主制作の1枚目が完成した日が、曽我部さんのライヴがあった日なんですよ。
曽我部:へえ~、青森で?
成田:そうです。それで自分たちでCDを焼いてジャケットとか刷って、曽我部さんに1枚目を渡したというのをすごく覚えてます(笑)。
曽我部:だから、濃いんですよ、付き合いが(笑)。別にいつも何かを一緒にやっているわけではないですけど、繋がりが濃いんだろうね?
成田:節目には必ず曽我部さんがいるというくらいの存在です。
曽我部:お互いにね?2ndシングルも、自分にとってはすごく良いタイミングで書かせてもらったし。こっちはこっちでわりとレコーディングに煮詰まっているような時期だったんだよね。そういうときにポンって、とにかく明るくポップで派手で突き抜けたものを作ってくれって言われたことで自分も「悩んでてもしょうがないな」みたいなところはあったので。お互いに良いタイミングで作用し合っているんだと思います。

―「東京妄想フォーエバーヤング」はライヴの口火を切るオープニングでやることもあるし、エンディングで大団円的にやることもありますよね。

成田:俺たちがライヴをやっていく上で、重要なポイントの曲ですね。
大内:怒涛の、“これぞ『夏の魔物』だ”っていう曲になっていて。しかも人生初のタイアップ(フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」EDテーマ)も付いたので。結果的に僕らにとって重要な曲になっていますね。
成田:MVも、自分の頭の中をスミスさんに具現化してもらって、曽我部さんに書いて頂いた曲を元に、『夏の魔物』でやりたかったもの、表現したかったものが全部形になってきたというか。1stはそれまでの流れというのがあったんですけど、2ndで『夏の魔物』のメンバーの個性が1個ずつ出た感じです。

―大内さんとアントンさんの語りとか、BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)さんのラップの部分も、曽我部さんに依頼があったときにはすでに曲の構成としてあったんですか。

曽我部:うん、ありましたよ。メジャー2ndだし、「ここから行くぞ!」っていう、すごく気合が入っているのはわかったし、俺も自分にそういう風に頼んでくれたということに、“倍返し”じゃないけど(笑)、「このくらいはいけるぞ!」っていうのを出したかったんです。自分のシングルにしても良いくらいの曲を出したいし。そこが対決じゃないけど、上手くお互いに“バシッ”と来たんだなって思うんですよ。成田君の「来い!」っていうのと俺の「どうだ!」っていうところが。たぶん、それがBIKKE君とかスミスさんとかメンバーのみなさん、スタッフの方たち、ジャケットとかも全部含めて、“バーン!”っと来たんじゃないですかね。

―2016年1月24日(日)新宿 MARZで行われた『夏の魔物』初ワンマン・ライヴにゲストとして出演されましたけど、その時に初めて『夏の魔物』のライヴをしっかり観たのでしょうか。

曽我部:もちろん、フェスの方では観ているんですけど、ワイワイした中で観るのとは全然違いました。成田君がリハでああいう風に仕切るというか、ちゃんとしっかり全体像を見ながらやってたよね?
成田:そうですね、自分が作りたいライブっていうのが結構明確にあって。
曽我部:ああいうのを見て、「ああ、こういう風に作ってるんだなあ」って。だからロックバンドとは全然違いますよ。ロックバンドは時間になったら適当に来てリハが何時だって言われたらギターをアンプにつないで「ジャンジャンジャンジャン」って弾いて「アーアーアー、はい大丈夫でーす」とかやって次のバンドが出てきてリハやって本番を迎えるみたいな感じで。
成田・大内:ははははは!
曽我部:だいたいロックバンドのイベントってそういう感じというか、僕らの世代がなんとなく今まで馴れ親しんできたロックの現場がそういう感じなんですけど。でもあのときはもっとみんな緊張感があって、なんていうのかな、学祭前夜みたいな…そういうちょっとかわいい緊張感もあるんですよ。でも、プロとしての「もう後には引けない」という背水の陣で何かをやろうとしているところもあるし。その感じってアイドルの現場とかって全部そうなんだろうなって思うんです、想像ですけど。そこがみんなが夢中になるところなんじゃないかと思うんだけど、ロックバンドってもはやそういう感じじゃないから、もうちょっと個人のプレイというか個性で勝負するような感じになっちゃったからね。アイドルはもう群雄割拠、戦国時代的な喰うか喰われるかみたいな感じで物販とかも含めてやってるだろうし、そういうのが伝わってきて、いいなあって思いました。
成田:いつもやっていることであったりライヴのパフォーマンスが全部繋がった時期だったので、曽我部さんを安心して呼べたというか、ああいう空間に入ってもらうというのが良いタイミングだなっていうのは自分で思っていて。
曽我部:うん、うん。
成田:「東京妄想フォーエバーヤング」のアレンジを作るときもそうだったんですけど、自分がどう見せたいか、どう聴かせたいかということが映像も音楽もライヴもわりとはっきり見えてきた時期だったんです。(大内に向かって)それまではね、色々ありましたからね?
大内:色々ありました(笑)。
曽我部:対バンとかでイベントでもいっぱいライヴもやってるじゃん?対バンイベントを観に行きたいなあ~。
大内:ぜひお願いします。バンドさんともアイドルさんともちゃんと渡り合えるのが『夏の魔物』の特徴なので。
曽我部:うんうん、それを目指してるんだよね?
大内:そうですね。ロックバンドとやっても負けたくないし、アイドルさんとやっても恥ずかしくないみたいなものはずっとやろうとしています。
成田:今はオケの感じとかも「VSロックバンド」というのを想定して作っているので、それが結構ここに来て対バンイベントが増えて、さらにアルバムの曲が揃って思ったことですね。
曽我部:やっぱり、プロレスじゃないけど、それぞれにおける必殺技みたいなものがあるわけでしょ?それをみんなで出しあって。
成田:曲を作る上でも、みんなの良いところが出るようにとか、ライヴのビジョンとか考えますね。『夏の魔物』になって今のメンバーと巡り合ってから、「このメンバーだったらこう行こう」、みたいな阿吽の呼吸ができましたね。ライヴでも、「ここ行ってほしいな」っていうときには来てくれるし。
大内:そういう意味では「東京妄想フォーエバーヤング」はそれがMAXで出た曲ですね。

―「東京妄想フォーエバーヤング/ダーリン no cry!!!」はそれまでの『夏の魔物』の楽曲とは異なるバンドサウンドを全面に押し出したシングルでしたよね。

成田:確かに、この2ndからそれがより強くなったかもしれないですね。
曽我部:Sundayカミデさんの「ダーリン no cry!!!」は完全にバンドサウンドだよね。
成田:はい、これは生バンドで録りました。今後はバンドスタイルでライヴも予定してるんです。
曽我部:これから『夏の魔物』はどういう形に行くんだろうっていうのは気になるけど、どうなって行くの?
成田:俺は9月16日恵比寿リキッドルームのライヴがターニング・ポイントだと思っているんです。やっぱり自分の頭の中に鳴っているのは、それこそソカバンだったりザ・ハイロウズだったり、10代の頃に観て感化された所謂ロックンロールみたいなもので。結構自分は常に芯にある中で作品を作っていたんですけど、活動を始めてみたらあまりその部分って理解されないんですよ。どうしてもプロレスをライヴでやっているとか見た目の部分で…もちろん、そこがピックアップされるのは嬉しいんですけど、自分のハートの部分、原点みたいなものが今回のリキッドでバンドスタイルでやることで初めて「ああ、こういうことだったんだ」っていうのがわかるんじゃないかなって思っています。
曽我部:これが、初めてのバンドスタイルでのライヴなの?
成田:はい、そうです。
曽我部:これはちょっと観てみたいなあ。
成田:バンドのメンバーは、ギターが西さん(越川和磨)で、キーボードがハジメタルさん、ベースがウエノコウジさん、ドラムが元くるりの森信行さんです。
曽我部:もっくん(森信行)とコウジ君のリズムっていうのがいいよね。そこが楽しみだなあ。このセットって他でやってる?
成田:いえ、やってないですね。
曽我部:だよね?結構方向性違うもんね。面白いだろうね。

―1stアルバム『夏の魔物』でも色んな組み合わせが実現していますよね。大槻ケンヂさんとYO-KINGさんとか。曽我部さんはアルバムを聴いてどんな印象を受けましたか。

曽我部:詰め込んだっていう感じで、熱いよね、熱い。
成田:曽我部さんがライナーノーツで書いてくれたように、1stアルバムにずっと憧れがあったので。
曽我部:そうだよね、全部入ってるっていう感じの。
成田:俺の29年間の色んなことが詰め込まれていますね。

―1曲ごとに成田さん自身の物語のようになっている?

成田:そういったことをリクエストしたわけではないんですけど、並べて聴いてみると、等身大の自分にマッチしてるんですよね。東京に来て思ったこととか悔しかったこと悲しかったこと、29年間のすべてではないにしても、そういうものがこのアルバムで表現されていて。全然そういう意図はなかったんですけど。
曽我部:(曲のクレジットを見ながら)字面がすごいよね、濃い。そういえば、新しい人が入ったんだよね?この青い子。
大内:鏡るびいですね。「魔物チルドレン」です。
曽我部:もうチルドレンがいるんだ。でもチルドレンがそのグループに入れるというのがすごいよね(笑)。
一同:(笑)。
曽我部:メンバー間で食事に行ったりはするの?
成田:バンドをやっていたときは、ライヴ終わりにみんなで飯食いに行こう、みたいなことはあんまりしっくりきてなかったんですよ。
大内:それは僕もしっくりきてなかったですね。
成田:そういう感じあったよね?
大内:THE WAYBARKでも太平洋(不知火楽団)でもなかった(笑)。
成田:(笑)この前「メジャーデビュー1年おめでとう」ってみんなでご飯食べに行ったんですが、なんかとにかく雰囲気がいいんですよね。
曽我部:へえ~。
成田:そういう当たり前のこととか、ちょっと憧れていたものが今できていて。最初にも言いましたけど、フェスもそうですけど“これは続けたい”って思う瞬間が増えたんです。

―特設サイトに曽我部さんのライナーノーツが掲載されましたけど、これを読むと本当に成田大致も『夏の魔物』も幸せ者だなという感じがしますよね。

成田:本当にありがとうございます。
曽我部:いえいえ、とんでもないです。
曽我部:曲のことを1曲ずつ触れて行こうと思ったんですけど、なれそめを書いてたら終わったという(笑)。
成田:(笑)。俺が日々伝えているけど伝わらない部分とか葛藤とか、色んな形態でバンドをやってたりというのも、曽我部さんには見て頂いているので、これを読めば一発でわかるくらいのライナーノーツだと思います。今日は朝起きてからここに来るまで、曽我部さんとの色々なことを思い出しました。

―曽我部さんとはフェスの「夏の魔物」の想い出もたくさんあると思いますが、昨年の「夏の魔物」で記憶に残っていることなどがあれば聞かせてもらえますか?

曽我部:(昨年のタイムテーブルを見ながら)う~~~~ん…「うしじまいい肉撮影会」かな。
成田・大内:ははははは!
曽我部:あとはね、室内でWiennersのライヴをちょっと観たんだけど、かっこよかった。それと、ベッド・インがず~っといて写真撮ってたんだよね。
大内:確かにずっといましたね(笑)。
曽我部:ベッド・インがずっとコスチュームでいた感じが印象深くて。もう出番は完全に終わってるじゃないですか。でも、全然オフにしてなかった(笑)。だからどこまであのキャラで行くのかなっていうのが清々しかったですけどね。
成田:ベッド・インは最後までずっといました(笑)。
曽我部:あのままいたよね?あとは「劇場版テレクラキャノンボール」のWeekday Sleepersの人にCDをもらって愛聴盤になったりとか。

―ホタテを焼いている方にも会いましたか?

曽我部:いたいた、彼は変わらずにいました。
大内:前回の対談のおかげで、彼はすごく喜んでいて。「曽我部さんに待っててもらえている」って。すごくテンション高かったですよ。
曽我部:でもそのテンションは絶対顔には出さないんだよね(笑)。?そこがカッコイイよね。そこがやっぱり青森っていうかさ、うちに秘めた何かがあるよね。
大内:彼は全部終わった後、バックヤードでぶっ倒れてましたけど。
成田:あのあとさらに最後は車で森に突っ込んで大変だったんですよ(笑)。
曽我部:むちゃくちゃだなあ~(笑)。(今年の出演者を見ながら)うちの子どもが、ゆるめるモ!を好きになっちゃって。お姉ちゃんの方はこぶしファクトリーが好きで。「夏の魔物」だけは絶対連れて行ってくれって言ってて。「写真撮れるかなあって」。
成田:こぶしとゆるめるモ!につなげられるようにがんばります(笑)。
曽我部:「ベッド・インも出るよ」って言ったら、何も言わなかった。
一同:(笑)。
曽我部:ベッド・インも今、メジャーデビューしてメディアにすごく露出しているもんね。すごいよねみんな。数年前に「夏の魔物」で観てたキワモノの人たちが、わりと普通に3年後くらいにはお茶の間に近づいている感じがするんですよね。それがいいなあっていうか怖いなあって(笑)。青森の山の方でやってたキワモノだったはずの人たちがジワジワお茶の間に近づいてきてるっていう。
成田:そうですね。けっこうあれよあれよとメジャーに行って、みたいな。
曽我部:それはやっぱりすごいよね。ただのキワモノの人を選んでるわけじゃないっていうことじゃないですか?だから、生ハムと焼うどんも3年後にはめっちゃ昼帯の番組とかに出てるかもよ(笑)。

―今年は曽我部さんにどのような形で出演をお願いしているのでしょうか。

成田:はい、今年は曽我部さんにトリをお願いしていて。
曽我部:頑張ります。
成田:何か一回目の夏の魔物をどこかに感じさせたいなって思いがあって。曽我部さんはなんてったって“ミスター夏の魔物”ですから。曽我部さんが出演回数が一番ですので。
曽我部:本当に?人間椅子よりも?
成田:じつは人間椅子は初期の頃はあまり出て頂いていなくて。曽我部さんは11回中10回出演して頂いているので。KING BROTHERSとかギターウルフとかもすごく出ている印象あると思うんですけど、じつはそんなに出ていないんですよ。
曽我部:そうなんだ?KING BROTHERSが出てるイメージがあるけどね、「夏の魔物」といえば。でもそれはKING BROTHERSが濃いだけなんだ(笑)。

―昨年はサニーデイ・サービスで初出演となりましたが、今年は?

曽我部:僕は今回はバンドでやらせてもらいます。メンバーはまだ決まっていないんですけど。

―昨年のライヴはいかがでしたか?

曽我部:いやもう、むちゃくちゃ良くて。成田君がセットリストを考えてくれたじゃないですか?(※昨年の対談で成田がサニーデイ・サービスのセットリストをリクエストした)

01 baby blue
02 恋におちたら
03 NOW
04 月光荘
05 星を見たかい?
06 ここで逢いましょう
07 東京
08 若者たち
09 白い恋人
10 サマー・ソルジャー
11 青春狂走曲
http://natsunomamono.com/yomimono/taidan_02.html

その通りにやったんですよ。そしたらすごく評判が良かったです。その後のライヴでも選曲に煮詰まったとき「ちょっと成田君に聞いてよ」とか言ったりしていて(笑)。
成田・大内:あはははは!
曽我部:でもさすがだと思った。僕なんかからするとちょっと脈略のない曲の並びだなっていう気がしてたんだけど、一応そのままやってみて。そしたら、観ているお客さんはそっち目線で観るんだよね。だからさすがだなと思ったね。
成田:ありがとうございます!あれは、好きな子ができる度に、曽我部さんの曲を詰め込んだミックステープをあげてたからこそできたことです(笑)。
曽我部:現場で作ってきたセットリストだね(笑)。僕らもすごく気合の入った演奏ができたし、楽しかったです。

―今年のセットリストは…?

成田:実はトリをお願いしたときからずっと、今日、この日を迎えるまでどういうリクエストをするか考え抜いたんですけど…
~パソコンを開いて考えてきたセットリストを見せる~
曽我部:う~ん、なるほど。
成田:十代の自分が何度も感化されたあの頃のソカバンのライブのセットリストをミックスしているんです。書いて頂いたライナーノーツを見たらどうしても、ロックンロールで尖った曽我部さんの、このセトリをぜひお願いしたいなと思って。昔の夏の魔物でのステージのガツンとストレートなライブは今でもはっきりと覚えてますし、1曲1曲に大切な思い出があります。
曽我部:こういう選曲は考えなかった。これはこれでいいかもね。

―ユニットの『夏の魔物』と曽我部さんのフェスでのコラボもあるのでしょうか。

曽我部:何かやろうかという話はしています。
成田:そうですね、「東京妄想フォーエバーヤング」がありますから。
大内:去年の時点ではこの曲はなかったですもんね。

―今年は10周年ということで成田さんも気合が入っているんじゃないですか。

成田:トリを曽我部さんにやって頂くというのは前から考えていたので、今回最高のタイミングで実現できてうれしいです。曽我部さん、「夏の魔物」10周年の締めをよろしくお願いします!
曽我部:うん、ちゃんと締めないとね。よろしくお願いします。
成田・大内:よろしくお願いします!今日はどうもありがとうございました!