遠藤ミチロウ×成田大致(With大内雷電)対談

9月10日(日)川崎市東扇島東公園特設ステージにて開催される「夏の魔物2017 in KAWASAKI」を記念してTHE 夏の魔物メンバーが出演者のもとを訪れる、毎年恒例「夏の魔物対談」。今回は、パンク・レジェンド、遠藤ミチロウが登場!2006年に青森で開催された伝説の第1回「夏の魔物」以来の出演(今年はTHE ENDで出演)となるミチロウは何を語ったのか!?

取材・文:岡本貴之

成田:お久しぶりです!ミチロウさんにお会いするのはかなり久々で、出て頂いた第1回「夏の魔物」ももう11年前ですね(2006年「夏の魔物」初開催時にM.J.Q [遠藤ミチロウ+クハラカズユキ+山本久土])で出演)。

ミチロウ:じゃあ、会うのもそれ以来だっけ?

成田:お会いするのはその翌年の青森ライヴの時以来ですかね?ちなみに、フェスを立ち上げる前にやっていたライヴハウスでの「夏の魔物」にもM.J.Qで出ていただいて。翌年にフェスをやることになって、第1回に出てもらったんですよね。

ミチロウ:今年はなんでまた関東でやることになったの(笑)?

成田:11回青森でやって、やる度に規模が大きくなっていって…。大きくなっていくうちに規模感的に青森ではできないというか。ここ3~4年は制作チームもみんな東京の人だったんですよ。それに俺自身も上京して4年くらい経っているので。

ミチロウ:ああ、じゃあ誰も向こうにいないんだ。

成田:そうですね。フェスをやる度ロケハンや打ち合わせで何度か青森に行くんですけど、結局やってる人たちが東京の人たちなので。

ミチロウ:もともとは、向こうの人間で作ってたの?

成田:そうです。それこそ青森サンシャインの店長とか、地元のライヴハウスの人たちに協力をお願いして初期は作っていました。

ミチロウ:1日だけじゃなくて2日間3日間やるようになったの?

成田:いや、2日間やった年もあったんですけど。基本1日ですね。回を重ねるごとに、ステージ数や出演アーティストも増えていきました。

ミチロウ:ステージを増やしたら結構お客さんも多くなった?

成田:ここ数年は何も変わらなかったですね。会場を移してからはずっと据え置きというか。夏の魔物のお客さんは9割が県外の人だったので。ずっと変わらないというのがこの5年くらい続いていた感じでした。ただ、フェスの中身を充実させるために、色々な人に協力してもらってしっかりやっていく中で、規模的に青森で続けるのが難しいっていう問題に直面していたんです。

ミチロウ:なるほどね。

―ミチロウさんが出演した第1回「夏の魔物」のことは覚えてますか?

ミチロウ:もちろん、覚えてますよ。頭にきたからさ、あのとき(笑)。

成田:本当、すいませんでした!!

ミチロウ:出番が事前に決まってるじゃないですか?そしたら当日に「ギターウルフと順番を変えてもらえないでしょうか…」ってスタッフに言われて。それで出番が後になったんだけど、出番になったら演奏時間が30分あったのを「演奏時間を20分にしてくれないか」って言われて。それでむちゃくちゃ頭にきて、ただまあ、結局30分やっちゃったんだけどね(笑)。

成田:俺も今でも鮮明に覚えてます。スタッフからはこれ以上は押せないっていうので、俺が押してもいいからもっとライブをやってほしいってお願いしたんですけど、その時点ですでにかなり押してて…。ミチロウさんに時間を調整してほしいと伝えたのは今知りました。あの時は本当にすみませんでした。

ミチロウ:でも、よくここまで続けてきたよね?

成田:やっぱり、一番最初に上手くいかなかったこととかが、自分の中での原動力というか、「もっとちゃんとできるようになりたい」っていう反省が常にありました。最初に全部一番良い形でやれてたら、続けてなかったというか、変に達成感があったのかもしれないです。

ミチロウ:でも実際、ちゃんとギャラも払ってこれだけのメンツを集めてさ、それに見合う客の数が来ればいいけど、たぶんそこまでいってないと思うから(笑)。

成田:(苦笑)。

ミチロウ:そうなったらすごく赤字を背負うわけじゃない?誰かスポンサーがいるわけでもないでしょ?

成田:はい、そうですね。毎年自転車操業で回してました。

ミチロウ:だから、そこまでしてやる執念って何なんだろうなって。

成田:やっぱり「なんとか成功させたい」という気持ちが常にあって。ここ数回は、色々な人の協力のおかげでやっと形になってきたんですけど、一方でその規模のものを作ろうとするとどうしても手打ちで出来なくなってきたというか。自分や家族とか身内でやっていたのとは変わってきちゃったので。

ミチロウ:でもやっぱり、青森でやる意義っていうのもあったわけでしょ?結構東北の場合、県ごとに特徴のある夏の野外イベントがあるじゃないですか?岩手なら「いしがきミュージックフェス」、福島なら「風とロック」とか、山形なら「龍岩祭」とかあるから、そこは結構こだわりがあって「青森はこれだぞ!」っていうものがあるのかなって。

成田:「夏の魔物」は自分が高校生の頃「自分が住んでいるところでもっといろんな人のライブが見れたら。」と思って始めたイベントなんですけど、回を重ねるごとに、地元の人があまり来てないことに気づいて。ずっと来てくれてるお客さんは初回からずっと来てくれてるんですけど、でも気づいたら「東京の人が頑張って青森まで来て楽しむイベント」になっていて。

ミチロウ:「夏の魔物」が「他のイベントとは違うんだぞ」っていうところはどこにあるの?

成田:「夏の魔物」はこの面々が集まって1つの熱気のある空間を作るというか、ただ出るとか、お客さんもただ観に来るとかいうだけじゃない部分というか、出演者だけじゃなくてお客さんも熱量があって。それらが集まって初めて1つの「空間」になると思っているんですけど、それって結構独特だなって思ってます。

ミチロウ:なるほどね。結構70年代、80年代、90年代、2000年代まで、出演者の切れ目がないというか、偏ってない感じがするよね。寛さん(三上寛)あたりからずっと出ているし。そこは他のフェスにはない感じですよね。

成田:俺はとにかくロックが好きなので、一日でロックの歴史を知れるものにしたいというか、それは立ち上げた時からずっと最初から変わってないです。

―成田さんがミチロウさんの音楽に触れたのっていつからなんですか?

成田:中高生の時、とにかく映画『爆裂都市 BURST CITY』(石井聰互監督 1982年公開)が大好きで。THE STALIN、INU、THE ROOSTERS、TH eROCKERS。常にそこに憧れていたんです。「こういう感じなのか、ロックは!」みたいな(笑)。

ミチロウ:そうなんだ。じゃあ、70年代からやってる寛さんとかエンケンさん(遠藤賢司)とか頭脳警察とか、そのへんについてのこだわりは?全然リアルタイムじゃないよね。

成田:それは、ミチロウさんのことを好きになったら、自然と寛さんとかエンケンさんとかが出てきて。

ミチロウ:あ~、ルーツを辿ったんだ(笑)。

成田:そうです。ミチロウさん経由で知ったことも多いんですよ。今年は寛さんもいて、戸川さんもいて、ミチロウさんもいるっていう。ずっとそれがやりたかったので。

―成田さんとミチロウさんはかなり世代の違いがありますけど、そういう繋がり方をしているんですね。大内さんはどうですか?

大内:僕は、ケラさん(有頂天)とか町田康さん(汝、我が民に非ズ)とかもそうですけど、「ピンクの魔物ステージ」に出る方たちに影響を受けていて。

ミチロウ:これはもう、「ゴールデン80年代」だよね。

成田・大内:ははははは!

―「ピンクの魔物ステージ」はニューロティカ ゲスト・暴動(グループ魂)から始まりますもんね。

成田:本当は、全部そういう感じにしたかったんですけど(笑)。もしこれからも開催できるなら、自分の夢としては、いつか石井岳龍監督、ミチロウさんと町田康さんと、大江さん(THE ROOSTERSの大江慎也)と陣内さん(元TH eROCKERSで俳優の陣内孝則)を1日に呼びたいんです。

ミチロウ:そうか、『爆裂都市 BURST CITY』か。

成田:そうです、それが夢ですね。

ミチロウ:(タイムテーブルを見ながら)でも、これだけいっぺん同時にやられるとさ、お客さんが「こっちを見たいけどこっちが見れない」とかってあるでしょ?そのへんはどうなの?

成田:規模が大きくなればなるほど、そういう問題があって。できる範囲で気にしつつ、パズルをはめていってる感じですね。

ミチロウ:最近、割と「いいなあ」って思ってるイベントって、ステージが全部被らないようになっていて、来た人は全部観れるうようなやり方をしていると思うんだよね。割と、ステージとステージまでの移動も近くて、でも近くしても音が被ってないから大丈夫っていう、1分くらいで次のステージに行けるっていう感じでやってるところがあって。でもそうなると数が限られるから、出るバンドも絞って行くっていう。そういう意味では広げ過ぎずに主催者の意図がハッキリしたイベントになっているというか。俺はそれは結構いいなと思ってるんだよね。

大内:結構、成田自身もかなり順番とか、もし被りがあってもすごく気にしているというか、やっぱりストーリーを作るっていうところで。

成田:初期の「夏の魔物」ではそれが出来てたんですけど、各ステージの物語性ってなかなかむずかしくなってはきていて。その中で限界を目指していつもやってます。

大内:今年のタイムテーブルが発表されたときも、ネット上で「私はずっと「ピンクの魔物」ステージにいる!」って言ってる人もすごく多くて。

ミチロウ:そうなんだ(笑)。そういう意味では、色ごとに傾向を作ってやるっていうやり方だよね。これってステージ同士は離れているの?

成田:まあ離れてるといえば離れてるんですけど、走ったらいけるレベルです。

大内:フジロックみたいな感じではないですね。

成田:「BAYCAMP」というフェスの次の日にやるんですけど、「BAYCAMP」は1万人くらいお客さんが来ていて、そのシステムを次の日に借りる感じです。

―ステージが7つあるというのはすごいですよね。

ミチロウ:ね?異常だよね。

成田・大内:ははははは!

―ラインナップの中にはミチロウさんと縁深い方もいらっしゃると思いますがいかがですか?

ミチロウ:町田くんのライヴは、3年前くらいに「ARABAKI ROCK FEST.」で見て以来かな。戸川純さんはまだこのセット(戸川純 with Vampillia)では観たことないね。でも、この間フジロックで同じ日だったんだよね。場所も近かったし。フジロックは雨でね…。(「夏の魔物」が)雨になったら大変だよね。

大内:今のところは、天気は大丈夫そうです!

成田:これまでの11回で雨が降ったのは1回くらいですから。

―「ピンクの魔物ステージ」はどんな感じなんですか?

成田:大きさはリキッドルームくらいで、青森でやっていたメインステージと同じくらいの大きさです。

ミチロウ:そうなんだ。

―ミチロウさんは、ドキュメンタリー映画『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』の中で、「自分のことを全然知らない人の前で歌って引き出される感動というのが、やってる方としては醍醐味がある」とおっしゃってましたよね。そういう意味では今回、色んなお客さんが来場すると思うのでミチロウさんのライヴを初めて観る人もいると思うのですが。

ミチロウ:ほとんどじゃない?名前くらいは知ってるかもしれないけどさ、生で観るのは初めての人がほとんどだよきっと。

成田:いやいやいや!なんでですか(笑)。

―他の出演者さんで観てみたい人はいますか?

ミチロウ:う~ん……人間椅子かなあ。もちろん観たことはあるんだけど。今の人間椅子はどうなんだろうって。でも全部観たいですけどね。

大内:人間椅子さんは近年の「夏の魔物」には欠かせない存在ですね。

成田:今年はミチロウさんにもミチロウさんファンの方々にも「ちゃんとしてるな」って思ってもらいたいです。これまでもオファーはしていたんですけど、スケジュールの都合が合わなかったということで、今回は久しぶりに出て頂けて本当に嬉しいです。

ミチロウ:あんまり、ソロでイベントに出るのが好きじゃないんですよ。大きいイベントに1人で出ると、なんか居場所がないっていうか居心地が悪いんですよね(笑)。今回も、最初はソロで出てくれって言われて断ったんだもんね。

成田:本当は全部の形態で出てほしいです!ソロ、TOUCH-ME、M.J.Q、THE END…

ミチロウ:ははははは。そう思えばチケット代っていくらなんだっけ?

大内:一般が8,000円で中高生は3,000円で入れます。

ミチロウ:それくらいの値段でこれだけ有象無象のバンドが見れるんだから、確かめに来た方が良いですよ。でも、改めてよく見たらこれだけ出ていてもかなり偏っているよね。

大内:最後の最後に核心を突きましたね(笑)。

ミチロウ:そういえば、野外フェスで夜の時間帯に出るのは初めてだ。

成田:そうなんですか!?

ミチロウ:それは楽しみだね。明るいところであんまりやりたくないし(笑)。

成田:魔物で実現できて嬉しいです。当日は最高のライヴよろしくお願いします!