奇妙礼太郎×成田大致(With大内雷電)対談

9月10日(日)川崎市東扇島東公園特設ステージにて開催される「夏の魔物2017 in KAWASAKI」を記念してTHE 夏の魔物メンバーが出演者のもとを訪れる、毎年恒例「夏の魔物対談」。いよいよ開催まであと2日に迫り、最後に成田大致(With大内雷電)が対談相手に指名したのは、今年で3度目の「夏の魔物」出演となる奇妙礼太郎。プリミティブな感性を感じさせる音楽活動から成田が影響されたものとは?そして対談中に飛び出した「成田大致ショートケーキ説」とは何か?この対談を読み終わったら、「夏の魔物2017 in KAWASAKI」はすぐそこだ。

取材・文:岡本貴之

―奇妙さんと成田さんは、これまであまりちゃんとお話したことがないそうですね。

成田:そうですね。ただ、ライヴはめちゃくちゃ観てます。ソロ、トラベルスイング楽団、アニメーションズ、天才バンド、たくさん観てます。

奇妙:アニメーションズも?すごいなあ。ありがとうございます。

大内:以前「夏の魔物」に出て頂いたときも、そんなに直接コンタクトは取っていないんですか?

成田:そう、一瞬だけで。

奇妙:LINEはフォローしてくれているけど。

成田:奇妙さんがLINE IDをツイートしているのを見た瞬間に、LINEを登録したんですけど、ビビって何もメッセージ送れなかったです(苦笑)。

奇妙:じゃあ今、スタンプ送ろう。

成田:ありがとうございます…俺も送ります。

~2人でLINEでスタンプを送りあう~

奇妙:(スマホを見ながら)サラリーマン金太郎のスタンプきた(笑)。ええの持ってんなあ~。

成田:改めてよろしくお願いします。

奇妙:よろしくお願いします。

―奇妙さんは2013年にソロとして青森の「夏の魔物」に初出演されていますが、そのときのことは覚えてますか?

奇妙:最初に行ったときに覚えているのは、楽屋とかがなくて、原っぱみたいなところに運動会的なテントがワ~ッてあって。そこでみんなバーベキューみたいなことをしてて。「うわぁ、これは結構なところにきたな」と思って(笑)。なんか普通に面白かったですね。それで自分が歌うステージに行ったら、こういう状態(両手を飛行機のように広げて斜めになりながら)で。斜めっている状態でライヴやったの初めてやったな、面白かったなって覚えてます(笑)。

成田:斜めってる!?弾き語りステージに出て頂いたんですけど、足場が斜めになってたんですかね?(笑)

奇妙:なんかね、「夏の魔物」のハプニング的な話を色んな人から聴くこと自体楽しいよね。何年経ってもそういう話は色んなところでできるし。でももう、今はハプニングはなさそうですね。

成田:そうですね、近年は(苦笑)。

奇妙:(ハプニングは)最初だけでいいですよね。そう考えたらよくできてるなって思いますけど。

成田:奇妙さんにはずっとオファーをしていて、2013年に初めて弾き語りで出て頂いて。その後2015年には天才バンドで出て頂いたんです。あのとき、奇妙さんがKING BROTHERSのTシャツを着ていたのを覚えてます。

奇妙:あ~そうだった、着てた。スケボーとかに乗ってたときで。

成田:2015年の天才バンドのときはメインステージに出てもらって。

奇妙:どのフェスでもそうなんですけど、自分の出番の時間に行って、パフォーマンスして帰るっていう感じなので…そのときはなんかあったかなあ(笑)?

成田:そうだ、あの年はソウルフラワーユニオンの中川(敬)さんとTHE NEATBEATSの真鍋(崇)さんと奇妙さんが集まって立ち話しているのを見て「すごい光景だ!」って思った記憶があります。

奇妙:そうやったかなあ。あと、アイドルの人たちと現場で一緒になることがないから、そのとき初めてやったと思う。だから、顔にでえへんようにすごくウキウキしてたけど。「あっ知ってる!」とかチラチラ見たりして(笑)。

成田・大内:(笑)。

―ご自分の曲とかライヴの感想とかをネット上で見たりしますか。

奇妙:見ます見ます。エゴサーチめっちゃしますし。

成田:奇妙さんのツイッターとインスタと、すべてが一番面白いです。

奇妙:ホンマすか?あれ、こんなに褒められる対談なんだっけ?今日は(笑)。

成田:奇妙さんの影響で星の絵文字とか俺も使うようになりましたから。

奇妙:あ、見てる。リツイートしてくれてるのとか、同じようなやつ作ってツイートしてるの見てる。めっちゃ見てるよ。

成田:見られてた(照)。

大内:元ネタがあったんだ?

奇妙:みんながツイッターを始めた頃に自分も始めたんだけど、2~3年前に、「SNS全部やめよう」と思った時期があって。なんか、「カリスマ性出したいわあ~」って。すごい人はSNSあんまりやってないじゃないですか?だからやめてたんだけど、カリスマ性いらんんかなって(笑)。人と喋る方が楽しいなって思って。最近、全然知らない人と飲みに行くのめっちゃ楽しいなって。

大内:LINEとかで知り合った人と飲みに行くんですか!?「今から飲みませんか」とか言われて?

奇妙:うん。すぐ返信するもん。

成田:インスタライヴで「もしかしたらこの場所はあそこの「鳥貴族」なのか?ということは行けば会えるということなのか?」って観てました。

奇妙:なんとなく「ワンチャンあるかな?」っていう希望と共に生きていきたいから。ないねんけど(笑)。

成田・大内:ははははは!

奇妙:「ゼロではない」っていう。何言ってんのやろ(笑)。まあ人に会うのは楽しいですからね。有名な人に会ったり、有名な人が観に来てくれるのも嬉しいけど、あんまり関係ないもんね。みんな色んな仕事をしていて、自分の知らん毎日を過ごしているから、それを聞いたら面白いなあって。色んな人の話を聞くのは面白いと思うんですよね。

大内:ミュージシャンの方でそういう距離感を持っている人はなかなかいないかもしれないですね。

奇妙:でもみんな、そこそこ友だちいるでしょ?(成田に)かなりたくさんいらっしゃると思うんですけど。

成田:いや、全然いないっす…。

奇妙:東京に住んで普段過ごしていて、ずっと1人で飯食うてるなあって。ずっと1人で過ごしているし。人と会って仕事している時間もそんなにないから。でも東京ってめちゃくちゃ人おるなあって。飯食うくらいの人は全然おるはずやなって思って。それでLINEしてます。

大内:あくまでも、ファンとしてじゃなくて1人の人として見てる感じなんですかね。

奇妙:なんも考えてないけどね、あんまり。

成田:でも、銀杏BOYZの峯田さんがメアドを晒した事件以来の衝撃でした。

奇妙:最近、その話になって。すごく裸の写真とか送られてくるって聞いたんやけど、全然送られてけえへんから。

成田:今のところ来てないですか(笑)?

奇妙:全然けえへん(笑)。

大内:峯田さんは渋谷公会堂のライヴのときにメアドを公開したんですよね。

奇妙:でもそういうハプニングってみんなが楽しめるし、ずっとその話できるしね。

大内:悩み相談とかきます?

奇妙:来る来る。「好きな人いるんですけど」みたいな。すごい良い人みたいな感じで返信してる(笑)。

―人にすごく興味があるんですね。

奇妙:そうですね。なんかね、無意味に会話が続いていくのが好きなんです。女性は無意味に会話を続けてくれるんです。キャッチボール自体を延々楽しめる気がするんですけど、男性はハッキリ結論を求める感じがするので、あんまり男の人とはLINEで会話しないんですけど。「エフェクター何使ってるんですか?」とかくるけど、「シュッ」ってスルー。ええやん、なんでもって。

成田・大内:(笑)。

―奇妙さんから見て成田大致さんはどんな人だと感じているのでしょうか。

奇妙:ずっとニュースがある人だなって。ずっと面白いっていうことですよね。それはエンターテイメントですし、なかなかできないですからね。

大内:彼は奇妙さんとは違って、心を開く人が限られているんですよ。「ATフィールド」って呼んでるんですけど。

奇妙:でも僕も全然、開いてはいないですよ。開いているやつを演じるみたいな。なんていうか、(成田は)どんな人かはわからないんですけど、見た目のチャーミングさとか純粋さみたいなムードがある人ですから。そうじゃないと、こういうイベントのアイコンに慣れないと思うので。すごいことじゃないですか、それって。誰でも良いわけじゃないですから。「可愛げがある」ってすごいですよね。

成田:ああ、ありがとうございます(照)。

奇妙:この間Sundayさん(Sundayカミデ)に、「女の人の良さってなんですか?」って聞いたんですけど、そうしたら「すごく殺風景の部屋に住んでるとして、そこのボロボロのちゃぶ台の上に、ショートケーキがポンっと1つ置いてあったら全然気持ちが違うでしょ?女の人の良さってそういうものだと思う」って言ってて。可愛さとか存在自体がもう素晴らしいっていう。なんか、良い話だなって。その人が何かをしてくれたからとかじゃなくて、その人が生きてそこにいること自体がすごいことやっていう。そんなところがあるなあって。だから、「成田大致はショートケーキ」なんじゃないですか?

一同:おおっ!!

奇妙:殺風景なこの日常におけるショートケーキ。Sundayさん曰くの話やから(笑)。俺の名言じゃないけど。

大内:どうなんだろう?ショートケーキだと思ったことはないかな……。

一同:(爆笑)。

奇妙:身近にいる人は、また違うでしょうけど。「困った人やな」っていうのはあるでしょうし(笑)。だって、これ(ポスターを見ながら)をやり始めるときに「そんなの無理無理」って言う人もいたと思うんですよ。でも、今まで続いているっていうのはすごいですよね。……すげえな、ホンマ。あと、このポスターええよね。フェスのポスターの中で1番好きやなあ。

成田:ありがとうございます!今年は奇妙さんに「イエローの魔物」のこの時間(17時)に出てもらうっていうのをイメージしていて。奇妙さんが、リングでライヴをしたらすごいことになるんじゃないかっていうのを、自分で観てみたいというのもあって。あと、例えば清志郎さんとかトータス松本さんとかザ・ハイロウズとかエレカシとか、テレビに出たときにものすごくホンモノに感じた瞬間ってあるんですけど、奇妙さんがNHKに出たときに(※2015年10月4日放送のNHK『MUSIC JAPAN』に出演して松田聖子「SWEET MEMORIES」カバーを披露した)、爆裂感動して。「SWEET MEMORIES」以外にも、奇妙さんの中島らもさんの「いいんだぜ」のカバーとか超絶最高なので、今年の魔物でそういうライヴが観れたら良いなって思っていて。

奇妙:なるほど、がんばります。NHKに出たときは、すぐ横にperfumeがおって。「うわっperfumeってホンマに存在すんねや」って思って(笑)。楽しかったな。あんなん出たことあんねんな俺。すげえな(笑)。

―NHKに出た後は反響が大きかったですか?

奇妙:ありましたね。やっぱりあれだけの数の人に観られたら、ちょいちょいクソみたいなことも書かれてるから、そっとミュートすることにしてますけど(笑)。

成田・大内:ははははは。

―成田さんも11年間「夏の魔物」を続けてきたら、良いことも悪いことも書かれたりしたと思いますが、今年関東に開催場所を移したことに対して色々言う人もいたわけですよね。

成田:そういう声に対しては、そりゃあ根に持ってますよ(笑)。

奇妙:「やった、近なった~!行きやすい」って思ったけどな、俺は。

成田:来たこともないのに「青森じゃなきゃ意味がない」って言ってる人もいて。そういう人に対しては根に持ちますね。

奇妙:自分でやれよな、そんなもん。言うたった(笑)。

成田:でもそれ以上に、「行きやすいから行きたい」っていう人と、「やっと生で「夏の魔物」を感じられる」っていう人が多いので嬉しいですね。

奇妙:すごいよね?10年以上やるっていうのはすごいですよ。あと、川崎でやるっていうのが良いなあって思います、うん。中高生は3,000円なんや?これはいいなあ。

―ラインナップを見て気になる出演者の方はいますか?

奇妙:それはもう、全員気になりますよ。

成田:でも奇妙さん的に気になる人って自分もめっちゃ気になりますね。前もまんしゅうきつこ先生の本を買ってたりとか、魔物的な漫画家さんとか好きそうだなって。奇妙さんどんな人が好きなんですか。

奇妙:なんかね、調べてるとかじゃないねんけど、ツイッターとかでたまたま流れてきたやつを買うだけで、すごいミーハーなんやけど。今回は、大森靖子さんをちゃんと観たことがなくて、ちゃんと観たいなって思ってます。俺、迫力のある女の人を観るだけでちょっとビクビクするから観てなかったんやけど(笑)。今回は観たいなあって。すごいよね、ヘッドライナーだもんね。超すごいことになるんやろうなあって。(タイムテーブルを見ながら)それにしても、俺えらいとこに入ってんなあ。

大内:そうなんですよ。17時台は一番お客さんも多い時間帯なので。

奇妙:吉田豪さんと杉作J太郎さんのやつ、めっちゃ観たいけど終わった直後に自分が始まるからなあ。観たいなあ。もう、ロフトプラスワンって毎日行きたいもんな。セクシー女優さんのイベントとかめちゃくちゃ行きたい。一緒に行ってくれる友だち探そう。1人で行く勇気がないのよ。ニヤニヤしてしまいそうで(笑)。

―「夏の魔物」の現場にはロフトプラスワン的な人がたくさんいらっしゃいますから。

奇妙:ねえ?「知らんし、へえ~」みたいな顔しているけど、ホンマは「すごい!うわぁ~!」って思ってるから。そういえば、何かで麻美ゆまさん(元セクシー女優)にお会いしたら、可愛すぎてビックリしたもんな。楽しいなあ、そう思ったら。テレビに出てる女の子人ってみんな綺麗やねんなあって。何の話やねん(笑)。

―今回は各ステージのトリが全員女性なんですよね。

成田:そうなんですよ。

奇妙:ああ、ホンマや!すごいなあ。全部女性がトリっていうのはたまたま?

成田:総合格闘技RIZINで高田統括本部長も「女の中の女出てこいや」っていってますから、意識してやりました!今年のラインナップを考えたときに、女性の勢いを感じるなって思っていたので、大森さんがヘッドライナーで、ベッド・イン、もっちー(倉持由香)、CHAI、それに「MAMONO HOUSE」には女子格闘家のKINGレイナさんが追加されました。このラインナップで、今回は全ステージ女性がトリというのをやってみようということで。

奇妙:気持ち的には、俺はこのへん(「グリーンの魔物」の14:00台)に入ってるけどなあ。自分の中で。

大内:思いっきりSundayカミデさんの後ろじゃないですか(笑)。

奇妙:Sundayさんが出て、俺が出て、スギムさん(クリトリック・リス)が出てみたいな感じが良いなって。

成田:奇妙さんってライヴの時に、気分次第で結構変わったりすることもあったじゃないですか?イントロだけやって「やっぱやめた」とか。

奇妙:良くないよね?良くないとは思ってるよ(笑)。

成田:いやいやいや(笑)。

奇妙:でも、ムードがなんか違うなっていうときはあるんですよ。やりはじめてそう感じたら無理に最後までやらんとこうって思うからね。

成田:(笑)昔は0か100かっていう感じのライブをよく観てました。

奇妙:うん、なんかね。昔はライヴのときに「一緒に楽しもう」っていう気持ちがそんなになかったから。今は全然違うもん。昔は何かの仕返しに行くような、憂さ晴らしみたいな気持ちでライヴに行ってたから。今は違うけどね。面白いよね、変わるんやなあって。

成田:何かきっかけがあったんですか?

奇妙:普通にお金をもらうようになってから、基本的な気持ちが変わったけどね。仕事やし、「来て良かったな」とか「すごい人おるんやな」とか、何でもええけど、何か思ってもらわないと、次に来てくれへんしなあって。そんなんはあるけどね。仕事自体が楽しくなるもんやなあって。

成田:歌うときのスイッチとか、奇妙さんはどういう感じなのかなって思っていつも観てたんですけど、アニメーションズの再発があったときに、コメントがあったじゃないですか?

奇妙:ああ、あれは曽我部さんから「再発するからコメントくれる?」って言われて、歩きながら携帯で書いたなあ。

成田:えっそうなんですか!?

奇妙:結構すぐバーッと出てきて、10分くらいで書いて送った気がする。いいよね、あれ。

成田:あのコメントに勝手にヒントをもらいました、歌うときに。自分も歌うときに、同じような「なんか違うな」っていうのがあったんですけど、あれを読んで「やっぱりそうだよな」って思って。なんか、持って行き方、気持ちの込め方みたいなもののヒントをもらったというか。

奇妙:うん。まあね、今はヘッドフォンつけてコンデンサマイクで録ってますけど(笑)。

成田:ははははは!

奇妙:でもあのときはあの文章に書いてあるような感じでやっていて。良い思い出になってて。すごかったよ、曽我部さんがブースの外で大きい卓の前でずっと聴いてくれんねんけど、それもすごいなって。なんか人の演奏を延々と聴くのってあんまり好きじゃないというか、基本的に自分にしか興味がないからすごいなあって思うんやけど、朝から晩まで飯も食わずにずっとスタジオにおって、思いっきり演奏せなアカンねんけど、一発録りで録り終ったら、曽我部さんが「いいねえ~!」って言ってくれんねんけど、そう言われたら終わると思うやん?そしたら「いいねえ、もう1回行ってみようか?次もっといいのあると思うんだよね」「はいっ!」って(笑)。あんなことすることはもうないから、嬉しい思い出ですけどね。

成田:自分も最近になってやっとバンドでライヴをやれるようになったんですけど、そのきっかけは、Sundayカミデさんに「ダーリン no cry!!!」を書いてもらったことなんです(※2016年1月20日発売の夏の魔物メジャー第2弾シングル「東京妄想フォーエバーヤング/ ダーリン no cry!!!」)。そのときにバンドスタイルでレコーディングしたことで、バンドでやりたいっていう欲が高まって、今年の1月にバンド(THE 夏の魔物)を結成して、初めてバンドを楽しんでやれてる気がして。

奇妙:いいですね。映像を観て、マイクスタンドの角度とかカッコイイなと思った。

撮ってる角度も良いし。「リンダリンダ」のビデオを思い出すわあって思って。

成田:ああっそうなんですよ!誰も言ってくれなかったことを奇妙さんが初めて言ってくれました。今回のMV(「魔物BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」)は「リンダリンダ」のビデオを意識して作ったんですけど、誰も触れてくれなかった(笑)。


奇妙:もしかしたら、そういうのを通り越したくらい、みんなの中に普通にあるシーンになってるもんね。何かに似てるとかそういう次元じゃないものはあるもんね。

成田:そうですよね。俺はヒロトさん・マーシーさんが好きで、いつもザ・ハイロウズを目指しているってずっと言ってるんです。バンドの理想形はあの頃のザ・ハイロウズの感じだって言ってたんですが、ちょっと前までは全く伝わってなかったんですよ。ここ最近、メンバーが決まって一緒に音を出すことで、その熱的なものも含めてやっと見えて徐々に伝わってきたんですけど。MVとかを作るにしてもそこに近づいて来てる気がしてて。奇妙さんに気付いてもらえて今めちゃくちゃ嬉しいです(笑)。

―今年のフェスは奇妙さん最後までいらっしゃいますか?

奇妙:まあ、この時間から何かの用事が入ることはないと思うので。ワンチャンがなさそうなら残ってるかも(笑)。

成田・大内:ははははは!

奇妙:ないからなあ、でも案外。

成田:ワンチャンありそうな感じに見えますけどね。

奇妙:ありそうに見えるっていうのがええよね?「どうせ遊んでんねんやろな」とか思われたい。あるわけないやん?

成田:逆に、奇妙さんでも、ないんですか?

奇妙:ないよ!ノーチャンスやもん。

成田:てっきりチャンスだらけだと今日まで思ってました(笑)。

成田:(笑)今年は奇妙さんがとんでもない良いライヴをしてくれると思ってます。

奇妙:最終的にとんでもない魔物がフィナーレに現われるかもしれない。

成田:それってフィナーレに泥酔して出てくるってことですか(笑)。

奇妙:いや、最近はそんなに飲むことってなくなったもん。(笑)昔は、自分のことが嫌いやからお酒で自分のことを殺そうとしてたみたいなところがあったけど。今はないもん。

―では「夏の魔物」本番に向けて最後に一言お願いします!

成田:奇妙さんの出演する時間帯は、多分陽が沈みかけて夜になる前の一番ゴールデンタイムみたいな流れになると思います。なので、お客さん全員をハッとさせる瞬間をぜひ奇妙さんに作ってもらいたいなって。楽しみにしていますのでよろしくお願いします!

奇妙:がんばります。良い音楽を届けたいと思いますのでよろしくお願いします!