めぐる未来-タイムリープして妻を救え-相関図と結末予想

本ページにはプロモーションが含まれています。

めぐる未来

感情が高ぶり、脈拍数が上昇すると、過去に戻ってしまう呪われた能力。

妻を救うためにその能力を使うことになるとは。。。

新感覚タイムリープ・サスペンスドラマの「めぐる未来」が盛り上がっています。

この記事では、めぐる未来のあらすじと主人公の襷 未来(たすき みらい)の能力について紹介したいと思います。

この記事でわかること
  • 『めぐる未来』のタイムリープとは?
  • 『めぐる未来』の相関図
  • 『めぐる未来』の結末のヒント
  • お得に『めぐる未来』を観る方法 → 詳細はコチラから

『めぐる未来』のあらすじ

襷未来(たすき みらい)の妻めぐるの謎の転落死。

死因は自殺と警察から告げられた未来は、感情の高ぶりを抑えられず、妻を助けるために過去に戻る。

未来には遺伝的に授かった能力があり、心拍数が上がると過去のある地点にタイムリープしてしまう。

今までこの能力を隠すため、感情を抑えて生活してきたが、まさか妻のめぐるが死んでしまうなんて。

未来は何度も過去にもどり、妻の死を防ごうとする。

幸せいっぱいのめぐるが自殺するわけがない、誰かが殺害したんだと信じて。。

めぐる未来の原作はある?

めぐる未来は、辻やもりさんの作品で、芳文社からコミックスが発売されています。

created by Rinker
¥668 (2024/02/27 18:55:17時点 Amazon調べ-詳細)

辻やもりさんの他作品では、『高木先生の〆切のためなら!』が有名です。

この作品も出版社を舞台にした漫画のため、出版業界に詳しいのかもしれません。

『めぐる未来』の相関図

めぐる未来

『めぐる未来』のタイムリープとは

タイムリープとは?

タイムリープ(英語:time leap)は、日本語に直訳すると「時間跳躍」。

和製英語で「時をかける少女」で登場した造語。

母・育子から未来(萩原利久)が、タイムリープの能力を持っていることを知らされ、感情をコントロールすることを教えられる。

感情が高ぶり、脈拍数が上昇すると、ある時間の過去に戻ってしまう(タイムリープ)からだ。

未来はすでに結婚したところからドラマが始まるが、妻にはこの能力については告白せずに、心臓の持病があることを告げている。

妻は藝談 (げいだん)社の編集者として働いていたが、結婚記念日に死んでしまう。

めぐるの死に関係する同僚

妻の死を阻止するため、タイムリープの能力を使い、未来は妻が生きている過去に戻る。

めぐるが自殺するなんて考えられない未来は、めぐるの後を追い、どうやら会社にいる同僚などがめぐるの死に関係する可能性があることに気づく。

めぐるの相談相手、干支 ゆりかと共に、犯人を追うことになり、犯人らしき男を捕まえる。

一件落着と気を許した未来の前で、妻が死んでしまう。

『めぐる未来』の結末のヒント

未来のもとに不審な電話が…

妻めぐるが死ぬ前に、不審な電話が未来にかかってくる。

男性の声で、死を知らせる短いメッセージのようだ。

もしかすると、タイムリープの能力を持っているのは未来だけではないのかもしれません。

電話の相手が犯人なのか、それともサポータなのか。

それとも未来本人なのかもしれない。。

この非通知の電話は妻の死を防ぐキーになるのは間違いない。

めぐるは周りに好かれている

めぐるは出版社でムードメーカ。

出版社のベテランではないが、同僚といい関係を築いているように見える。

めぐるのことを慕う男性社員も多く、出版社に出入りする業者からも慕われている。

1話で、外部業者がめぐるのストーカをしていたことがわかり、誰かに見られている違和感を感じていためぐるはホッとする。

公式サイトの相関図に、同僚と刑事のみが掲載されている

公式サイトの相関図をみてみると、襷家以外の登場人物紹介は、同僚と刑事だけが紹介されている。

つまり、この中に犯人がいる可能性が高い。

めぐるが結婚していることは同僚に知っている。

同僚の男性の多くは、めぐるのことを慕っているため、めぐるを殺すことはないのではないだろうか。

めぐるのことを慕っている同僚の男性を好きな女性がめぐるを殺そうとしていると考えることもできる。

めぐる未来 感想

『めぐる未来』をすぐに観るなら → 詳細はコチラから